キャッシング借りる-審査が甘い消費者金融ブラックok即日融資のサービス[消費者金融審査が激甘いブラックok独自融資]
キャッシングの正しい知識
キャッシング選び方
よくある質問
相互リンク


キャッシングとローンの違い

キャッシングとローンの違いについて説明します。

雑誌や新聞、街中での広告など、
最近ではキャッシングやローンといった言葉を良く目にします。


銀行なども盛んに広告宣伝を行っていますが、 それだけ利用者も多いということでしょう。
キャッシング・ローンといった言葉もありますのでこれらの言葉には明確な定義は無いようす。ただ、その使われ方はそれぞれ業者によっても多少違っています。

おおよその意味としては、「キャッシング」はcash(現金)ing(すること)。つまり現金化すること、現金を借りることです。キャッシングには元来「現金を借りて返済する」という意味があります。しかし商品が豊富になった最近では、「ちょっとお金を借りる」ことをキャッシングと呼んでいます。

キャッシングは無担保(担保、保証人不要)で気軽に借入ができます。
両者の区別ですが、短期の貸付をキャッシング、中長期の貸付をローンと呼んだり、キャッシュ(現金)を「中長期に」返済していく意味で「キャッシングローン」と呼ぶケースもあるなど、両者をはっきりと区分けしているところは少ないです。


ローンは比較的多額の融資を計画的に返済していく場合に使われます。
住宅ローンや教育ローンなどがその例です。キャッシングと違って、ローンには担保・保証人が必要なものもあります。金融会社等のローンの多くは、一定の支払い額を毎月計画的に返済する貸付金を意味しています。


「キャッシング」「ローン」どちらもお金を借入れる事ですが、返済方式の詳細については、事前に必ずチェックしてください。


言葉だけで判断して、毎月少しずつ返済していこうと思っていたのに、翌月一括で請求されて困った、なんてことが無いように、返済方法をはじめとした細かな内容は必ずチェックするようにしましょう。
消費者金融・キャッシングの正しい知識