キャッシング借りる-審査が甘い消費者金融ブラックok即日融資のサービス[消費者金融審査が激甘いブラックok独自融資]
キャッシングの正しい知識
キャッシング選び方
よくある質問
相互リンク


金利(利息について)

金利についての説明します。

銀行などに預金した場合、金利(利息)がかかります。
同様にキャッシングの際お金を借りる場合にも必ず金利(利息)が伴います。


金利とは、元金に対する一定期間内における利息発生の割合の事で、資金の貸借において、借り手から貸し手に支払われる利息(利子)または利子率(利率)のことを指します。

また、返済までの期間の長さによっても金利は異なります。
金利は時間にも左右されると言う事を把握しておく必要があり、この金利の高低によって金融業者を検討するといいでしょう。


一般に金利は信用力の指標にもなります。
信用の強い人には金利設定が低くなり、
信用力の弱い人は低い金利設定でお金を借りる事が出来ません。


金利には表示のされ方にも決まりがあります。お金の貸し借りに対する資金の使用料に例えられ、使用料の元本に対する割合で表示します。この元本の大きさに関係なく利子の大きさがわかるように《%》を用いて表示しています。


消費者金融会社の場合、
金利は実質年率で表示することが義務付けられています。

実質年率 とは年金利回り法で計算した実質金利を年単位のパーセンテージで表示した金利のことをいいます。

簡単に言えば 一年間にどれだけの利息が付くかという、年利のことだと言えます。

この実質年利が低いほど、利息が安くて済むというわけです。
一般的に消費者金融会社では、この「実質年率」から借りた日数分の利息を計算することになります。

確認をしっかりと行い悪徳業者ではないか見極める事も大切です。


金利(利息)は一般的に



借入残高×実質年率÷年間日数×利用日数=金利(利息)




として算出されます




多くは利用日数で変動しますが、返済方式によって変動することもあります。
金利の上限には2種類です。



【出資法上で定められている上限金利】
現在の出資法上での上限金利は29.2%と定められており、返済が遅れた滞納を繰り返しているうちにこの金利が適用されることが多いです。


【利息制限法上で定められている上限金利】
実質年率20%以上の金利はかかりません。融資時にそれ以上の金利設定をされることはなく、融資後も順調に返済を行っていればそれ以上の金利は取られません。?また、融資額10万円未満は20%、10万円、100万円未満は18%、100万円以上が15%の規定がされています。

消費者金融・キャッシングの正しい知識